backtotop

Categories: 未分類

私の生まれは茨城県です。現在住んでいるのは、茨城県の県庁所在地である水戸市です。

水戸と言えば納豆と言うくらい、納豆は水戸に住んでいる人間にとって欠く事のできないご飯のお供です。テレビやネット、雑誌等のご飯のお供ランキングでは、明太子やキムチと並んで上位に入る人気の食べ物です。ニオイがきつい、ネバネバするのが嫌、とよく言われますが、納豆好きにとっては、この粘りと独特の匂いこそが納豆の醍醐味なのです。納豆が嫌いな方には、到底理解できないでしょう。

日本人、特に東日本の方々には、無くてはならない食べ物の納豆は、今でこそスーパー等でパック詰めされて売られるのが主流ですが、昔は藁に包んだ藁苞(わらづと)納豆として売られていました。今でも水戸駅構内や偕楽園内の売店、常磐道のサービスエリアなど、限られた場所で売られてはいますが、手軽に手に入る商品ではなくなってしまったため、残念ながら私も最近は食べていません。味はパック売りの納豆とほとんど変わらないのですが、藁苞は風情があり、身体に良いものを食べている気になれるのです。

そして納豆の相棒といえば刻み葱でしょう。納豆には大抵からしとタレが付いていますが、もう一つ、薬味として欠かせないのが葱です。細かく刻んだ葱を組み合わせることで、最強のご飯のお供になります。

そして水戸市民は、毎日これでもかというくらい納豆を食べるのです。

Categories: 未分類

私の生まれは茨城県です。現在住んでいるのは、茨城県の県庁所在地である水戸市です。

水戸と言えば納豆と言うくらい、納豆は水戸に住んでいる人間にとって欠く事のできないご飯のお供です。テレビやネット、雑誌等のご飯のお供ランキングでは、明太子やキムチと並んで上位に入る人気の食べ物です。ニオイがきつい、ネバネバするのが嫌、とよく言われますが、納豆好きにとっては、この粘りと独特の匂いこそが納豆の醍醐味なのです。納豆が嫌いな方には、到底理解できないでしょう。

日本人、特に東日本の方々には、無くてはならない食べ物の納豆は、今でこそスーパー等でパック詰めされて売られるのが主流ですが、昔は藁に包んだ藁苞(わらづと)納豆として売られていました。今でも水戸駅構内や偕楽園内の売店、常磐道のサービスエリアなど、限られた場所で売られてはいますが、手軽に手に入る商品ではなくなってしまったため、残念ながら私も最近は食べていません。味はパック売りの納豆とほとんど変わらないのですが、藁苞は風情があり、身体に良いものを食べている気になれるのです。

そして納豆の相棒といえば刻み葱でしょう。納豆には大抵からしとタレが付いていますが、もう一つ、薬味として欠かせないのが葱です。細かく刻んだ葱を組み合わせることで、最強のご飯のお供になります。

そして水戸市民は、毎日これでもかというくらい納豆を食べるのです。

Categories: 未分類

缶詰というと手ごろな値段で買えて、いざという時に役に立ち、長期保存の利く、私たちにとって無くてはならない大変ありがたい食品です。2011年に起こった東日本大震災のときは、私も缶詰に助けられました。

どの家庭にも常備されている缶詰といえば、ツナ缶、サバ缶、コンビーフの缶詰といったところでしょうか。しかし、最近は一風変わった意外な缶詰がたくさん販売されています。
既にメジャーなものだと、パンの缶詰や秋葉原で売られて話題になったラーメンやおでんの缶詰があります。地方特有の缶詰も多く、北海道の熊、エゾ鹿、トドの缶詰は、野性味あふれる缶詰という印象です。長野県のイナゴ、蜂の子、ザザ虫の缶詰は、虫嫌いの方にはお勧めできませんが、個人的にはなかなか珍味ではないかと思います。特にイナゴを試してみたいです。

今回最も驚いた缶詰は、アオウミガメの缶詰です。小笠原で造られているそうで、ウミガメがまさか食べられているとは思いもよらずビックリです。どんな味がするのか、食べてみたい気持ちはあるのですが、そんなことを言ったら浦島太郎に怒られてしまいますね。というわけで、私の変り種缶詰ナンバーワンは、アオウミガメに決定です。

Categories: 未分類

たまに何もしたくなくただ漠然と過ごしてしまうことがあります。

昼間は仕事で頑張った反動がきたのかもしれません。そういう時は家に帰って取りあえず夕食をとってテレビは見たくなければ見なくて過ごし、夕食後はお風呂に入りこれまたぼーとしときますがあんまり長く入るとのぼせてきますのでほどほどにして上がります。

お風呂からあがったあとは早く寝ればいいのですが眠たくない時はこれもまたぼーとしてスマホをいじったりパソコンでネットサーフィンしたりと何の意味もないことをして過ごすのです。

ここで注意することは腹が減ることがありますがそこを何とか我慢しないといけません。特に午後10時過ぎからがやばいです。

そこさえ我慢すればもう食べたいという欲求はなくなります。ただし水分だけは忘れずとりましょう。僕は現在禁酒をしていますのでこれも強い味方です。

お酒はだらだらときりがなくのんでしまうたちなので下手すればメタボです。只今おなかの蓄積燃料を燃やしている最中です。なかなか燃えませんけど。

こうやってある日の1日は過ぎていってしまうものですがなんせ仕事中はバリバリアドレナリン出していますから家に帰った後は心身ともにたまには休めることも必要です。